矯正治療 - 高槻・茨木市の【もりわき歯科】

予約受付

フリーダイヤルが繋がらない場合の予約受付

24時間受付 ネット予約

〒569-1041 高槻市奈佐原2-11-21あぶやまスクウェア2F

診療時間

予約受付

24時間受付 ネット予約

  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
矯正歯科

矯正治療は審美的な要素だけでなく、歯の健康にとってとても重要です。

歯の健康にとってとても重要です

口元の美しさのためにも、歯並びは大事な要素です。きれいな歯並びは一生の財産になります。
「歯並びが気になっていつも口元を手で隠してしまう」「歯並びが悪くて食べ物が挟まる」「歯にすき間があり、息がもれてきれいに発音できない」など歯並びに悩まれている方はいらっしゃいませんか?また、歯並びが悪いと、虫歯や歯周病の原因となります。矯正治療は何歳になってからでも始められますので、もりわき歯科できれいに整った歯並びでコンプレックスを払拭し、思いっきりの笑顔を取り戻してください。

高槻市のもりわき歯科では、矯正専門医兼指導医による的確な診断と処置、その他の歯科処置(歯周病や虫歯に対するもの)両方がうまくかみ合ってこそ、その本来の目的が達成できます。当クリニックでは専門医の矯正歯科との連携のもとに、口腔内全体としての治療を提案します。

矯正専門医がおります歯列矯正の専門医による診断と処置ですので、安心して治療をお受けいただけます。

治療料金(税別)
小児矯正 成人矯正
30万円 90万円

矯正治療の流れ

矯正治療の流れ

矯正歯科への取り組み

矯正歯科への取り組み

高槻市のもりわき歯科では、いろんな角度から症例を検討する事で、貴方様の治療の質を向上させる為に、矯正の指導医を招いて、月一回ドクター合計8名で矯正の勉強会を開催しております。

取り組みについて詳しくはこちら

矯正が望まれる歯並びとは?

叢生(そうせい)

歯と歯が重なりあっている「八重歯」や「乱ぐい歯」のことです。

叢生(そうせい)の症例

反対咬合(はんたいこうごう)

下の歯が上の歯よりも前に出ている噛み合わせで「受け口」のことです。

反対咬合の症例

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の歯が下の歯よりも突き出ている噛みあわせで「出っ歯」のことです。

上顎前突の症例

開咬(かいこう)

奥歯はかんでも前歯はかみあわずに開いている状態です。

開咬(かいこう)の症例

このような歯並びのことを「不正咬合」といいます。歯科矯正を行う目的は、正しい歯並びにすることで、不正会合によって生じる様々な障害や、口もとのコンプレックスを取り除くことです。

歯科矯正の必要性

なぜ歯科矯正が必要なのか

1

虫歯や歯周病になりやすい

虫歯や歯周病になりやすい

歯が重なったり凹凸に並んでいると、十分に歯磨きができずに食べかすもたまりやすくなります。そのため、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

2

よく噛めない

よく噛めない

歯並びが悪いと正しい咬合ができません。そのために、食べ物を正しく噛むことができず、まる飲みのクセがついてしまい、胃腸にも大きな負担を与えてしまいます。

3

顎の成長顔の形にも影響する

顎の骨や顔の筋肉は正しくかむことで発達します。不正咬合だとそれができませんので、顎が未発達になったり、顔が歪んだりする影響がでてきます。

4

口もとが気になる

口元が気になる

歯並びが悪いとコンプレックスの原因になり、話したり笑うときについ口もとを手で隠したりします。ストレスもたまり、歯ぎしり、肩こり、姿勢も悪くなりがちです。

5

発音しにくい

かみ合わせの状態によって、さまざまな発音障害がでてきます。とくに英語などの外国語の発音が難しくなります。

歯科矯正の始まるまで

1

初診相談

初診相談

現在の問題点やお悩みえをお聞きしながら診察し、歯科矯正の概略・期間・費用などを説明します。

▼
2

精密検査

精密検査

診断に必要な頭蓋全体のレントゲン、歯列の模型、写真などの資料をとります。症状によっては、顎関節のレントゲンや顎の動きの機能検査もします。

▼
3

検査の説明

検査の説明

精密検査の結果をもとに、治療方針・期間・費用の詳細を説明します。

▼

歯科矯正の開始

4

歯磨き指導とクリーニング

歯磨き指導とクリーニング

治療中に虫歯や歯周病にならないように予防処置をします。既にむし歯や歯周病がある場合には治療します。

▼
5

動的治療 半年~3年位

動的動的治療 半年~3年位

矯正装置を装着して歯を動かし、段階的に治療を進めます。装置の装着後は3~4週間ごとに通院します。

▼
6

動的治療(保定)2年位

動的治療(保定)2年位

動的治療を終えてから、噛みあわせが安定するまで保定装置を使い、移動した歯をしっかり安定させます。

このページのトップへ戻る

クリニック情報